茶麹を調べていると、「河内菌」という名前をよく目にしませんか。

誰かの名前のようですが、いったいどのような菌なのでしょうか。

「河内菌」と茶麹の関係性について調べてみましょう。

焼酎は河内菌からできている

近代焼酎の父や麹の神様と呼ばれる河内源一郎博士が発見した麹菌を「河内菌」と呼びます。

「河内菌」は麹菌の一種です。

発見した河内源一郎博士の名前から、「河内菌」と呼ばれているのですね。

河内菌誕生の経緯

河内源一郎博士は、大蔵省の役人として鹿児島県に赴任していた時、多くの焼酎業者から焼酎の改良について嘆願を受けたそうです。

当時の九州では、「黄麹」を利用して焼酎を作っていたのですが、夏の暑い九州ではこの「黄麹」でおいしい焼酎を作ることができませんでした。

もともと醤油屋の家に生まれ、現在の大阪大学工学部発酵工学科を卒業した河内博士は、周囲の嘆願を受け焼酎の改良に取り組みます。

その後河内博士は、沖縄の泡盛の黒麹菌から焼酎作りに最適な「河内黒麹菌」(学名:アスペルギルス・アワモリ・ワァル・カワチ)を3年かけ培養することに成功しました。

またこの後に河内博士は、黒麹菌のから生まれた「河内白麹菌」なども発見しています。

そしてこの「河内菌」は、九州の焼酎造りには欠かせないものとなりました。

このような経緯から、河内博士は近代焼酎の父や麹の神様と呼ばれているのですね。

現在、本格的焼酎のなんと約8割で「河内菌」が使われており、韓国の焼酎もほとんどがこの「河内菌」が使われているようです。

まさに私たちが今焼酎を飲めるのは、河内博士が「河内菌」を発見したからなのですね。

河内氏はその後1931年に、鹿児島市清水町に麹菌を製造販売する「河内源一郎商店」を創業しました。

「茶麹サプリ」を製造・販売している「河内源一郎商店」は、日本の焼酎を作ったと言っても過言ではない麹蔵なのですね。

茶麹は河内黒麹菌と緑茶のいいとこどり

そんな麹の専門家である「河内源一郎商店」が、人々の健康に寄与したいと考え作られたのが「茶麹乳酸菌サプリ」です。

「茶麹乳酸菌」は、河内黒麹菌と緑茶を組み合わせたサプリメントです。

発酵食品は、腸内環境を改善したり、免疫力を向上させたり、抗酸化力の高いSOD酵素の働きによって活性酸素を除去する能力に優れていると考えられています。

実際にたくさんの酵素ドリンクや酵素サプリが発売され、多くの方に利用されていますね。

黒麹にも、腸内環境を改善したり、免疫力を向上する酵素の働きがあるのですが、これをさらにパワーアップさせたものが茶麹なのですね。

茶麹は、黒麹を緑茶で生育させたものです。

緑茶は非常に健康にいい飲み物ですよね。緑茶の効能は様々なものがあります。

緑茶の効用

  • 免疫力アップ
  • 心臓病のリスクを低減
  • 糖尿病の予防
  • 認知症の予防
  • がんの予防

 
いくつかをピックアップしましたが、これだけではなくここには書ききれないほどです。

そんなお茶を飲むのではなく、茶葉をそのまま直接食べるということはあまりしませんよね。

茶葉を食べるとお茶の効能をすべて体内に取り入れることができるのですが、それにはちょっとリスクもあるのです。

緑茶は刺激が強い

茶葉を食べるリスクとは、緑茶は刺激が強いということです。

実は茶麹を製造・販売している「河内菌本舗」では、豚に茶葉をそのまま食べさせるという実験をしました。

すると、豚が次々と死んでしまうという緊急事態が発生しました。

原因を調べてみると、「胃潰瘍」で豚は死んでしまっていたのです。

緑茶の成分が豚の胃を過度に刺激してしまっていたということですね。

緑茶と黒麹河内菌で刺激性がなくなる

そこで更なる実験を重ねたところ、緑茶に黒麹河内菌を生育させることで、緑茶の刺激性がなくなることを発見しました。

刺激性がなくなるということは、お茶の有効成分を丸ごと摂取でき、さらに黒麹の酵素パワーも利用できるということですね。

実際に黒麹河内菌と緑茶を組み合わせた「茶麹」は、米麹の3倍の酵素力を持っています。

タンパク質分解酵素の力が非常に強いので、消化吸収を助け腸内環境を良くする力があるのですね。

「茶麹」をリピートしている方の多くが、お通じがよくなったと感じているようです。

便秘も腸内環境の悪化が原因によりその多くが発生します。

茶麹にはさらにプラスして乳酸菌も配合されていますので、腸内環境を良くするために必要な酵素力がつまっています。

健康は腸内環境を良くすることから始まるとよく言われます。

健康のために茶麹で腸内環境を改善しましょう。